FC2ブログ
        

ミスト管理の長所と短所

2017/ 02/ 16
                 
えー、絶賛ミスト管理中の我が家の水槽です。
自分なりに思うところが多々あったので、記録を綴ります。
なんとなく味気ないのは嫌だから、フリー素材の写真でも貼っときましょうね〜







【長所】
●管理が楽
何と言ってもこれでしょう。煩わしい下準備をスキップ出来るのは強みだと思います。
・前景草を活着させやすい(植えこむ手間がかからない)
・モス類を活着させやすい(巻く手間がかからない)
・苔が生えない

●一時的にコストを削減できる
水槽が常に適温に近い環境にあれば、加温する必要がありません。CO2無添加でも生長します。フィルターやエアレーション器具も不要なので、購入を遅らせることができます
・ヒーター不要
・CO2不要
・フィルター不要
・エアレーション不要


●傾斜のあるレイアウトに向いている
ソイルを盛って、とくに堰き止めていない箇所が有るレイアウトだと、注水したら土砂崩れが起きますよね。ここにミスト管理の段階で水草を根張りさせておけば、土砂崩れは防げます。レイアウト技術に乏しい初心者には楽なポイントです。
・土砂崩れを起こしにくい

●レイアウト変更しやすい
水が入っていないということは操作しやすいということです。初心者は何かと石を置き換えたり、向きを変えたりと悩みながら進むことが多いのでこの面はとてもありがたいです。ソイルが舞って水質が悪化する心配がありません。
・石や流木の配置を変えやすい
・水草の加減がしやすい

●なんちゃってテラリウムが出来る
水中葉と水上葉、明確な姿の違いは知識が無くほとんど知りませんが、おそらくこれは水上葉だろうと思うものがあります。水中にいる時よりも水草の色や透明感が違うのです。注水したらまた変化するのだろうと思うと楽しみです。
・水草の水上葉を観察できる




さて、次は短所についてです。



【短所】
●生長が遅い
これが、大きなマイナスポイントです。スケジュール配分がきっちり出来ている上級者の方ならともかく、初心者には「締め切りに間に合うのだろうか」というドキドキする感に苛まれます。我が家を例にとると、深夜1時から17時までの16時間、消灯していますので水槽内の気温は15度を切ります。10度くらいしかないことも有ります。
そして17時から翌1時までの8時間、点灯しています。人間が20時くらいには帰宅しますので、照明+エアコン+ラップで密閉により、30度を超えます。
つまり、昼夜の温度差が15度以上あります。最初の1週間で一部枯れたものもありました。その後、順応したのかどの水草も生長してはいますが、とてもゆっくり、のんびりしています。
ミスト管理の場合は昼夜の寒暖差が小さく、常に25度前後を保てる環境がより望ましいと思います。
・水草の生長が遅い
・枯れる危険もある

●招かれざる客の脅威
我が家ではまだ露骨なカビを視認できていませんが、ラップを外すとカビ臭い匂いがします…。高温多湿が故に仕方ないことかもしれません。
また、開始から1週間で小蝿が発生しました。2匹ほど居たので瞬殺し、その後は姿を確認できていませんが、これも高温多湿が故に起きる問題かと思います。
さらに、我が家では何故か見覚えのない水草が生えてきました。雑草、と呼んでいます。他の水草に弊害はまだ起きていませんし、すくすく育っていて若干頼もしいのですが、じきに撤去する予定です。
・カビの脅威
・小蝿の脅威
・雑草の脅威

●飽きる
これがくだらなくも、大きな欠点です。管理が楽ということは手間がかからない、そのぶん、興味が薄れていくという問題を孕んでいます。このところ自分のブログ更新頻度が落ち気味なのも、モチベーションが低下していることが原因です。
水草を楽しみたい、構ってもらいたいのに水草は悠長に構えてるので、なんとなく白けてくるという…。
そういう状況を防ぐ意味でもサブタンク(当然こっちはミスト管理ではない水槽!)があったほうが気が紛れてよいと思います。

サブタンクについてはまた後述します。




ランキングに参加しています(๑>◡<๑)
↓ポチッとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

エビに草を抜かれて植え直す、という手間がかからない点もメリットですよね。
しかしモチベーションの低下はかなりの問題ですねぇ。
まぁでも注水したらまた上がるんじゃないですかね?
立ち上げでも水入れたらすごいテンション上がりますから。笑
私は、ミスト式育成中もモチベーション、下がる事なかったですw
あぁ、他にも水槽があったから・・・なのかな(^^ゞ
・・・というか、水槽が余ったから「試しにミスト式をやってみた」だけだったので、ダメならダメで良いか!って感じで焦りもなかったんですよねぇw

注水直後の気泡いっぱいの様子を想像して、テンション上げてきましょ~(^^)
モチベーション!それはアクアをやっている人なら必ずぶつかる壁なのではないかと常日頃思ってます。なぜならモチベーションが下がると水換えが面倒になる→興味が薄れる→コケ生える→余計に水槽観なくなる。モチベーション下がるだけでここまでになってしまう可能性はあるので、モチベーションは常に高い方がよろしいかと。他の人の水槽を観ることが一番のモチベーションアップに繋がるのかな?あとは仕事中もレイアウトを考える(笑)かな?
Re: タイトルなし
130さん

そうだね、今は全然モチベーションあがらん(笑)
そういう負のスパイラルがおきるとどーにもならず。
詳細はまた。

> モチベーション!それはアクアをやっている人なら必ずぶつかる壁なのではないかと常日頃思ってます。なぜならモチベーションが下がると水換えが面倒になる→興味が薄れる→コケ生える→余計に水槽観なくなる。モチベーション下がるだけでここまでになってしまう可能性はあるので、モチベーションは常に高い方がよろしいかと。他の人の水槽を観ることが一番のモチベーションアップに繋がるのかな?あとは仕事中もレイアウトを考える(笑)かな?